• 仏壇
  • 仏具
  • 神棚
  • 神具
  • 外宮
トップページ > 神棚Q&A

よくあるご質問

Q  神棚の購入はいつが良いのでしょうか?

A  一般的には人生の節目となる出来事や良いことがあった時などに購入されることが多いです。
    ●新築や引越しをした時
    ●新しく会社を設立時、新築や事務所開きをした時
    ●結婚や子供が生まれた時
    ●新年を迎える時
    ●家庭の守り神として
    ●大魚・豊作を祈願したい時


Q  神棚の種類 選び方

A  ●屋根違い三社
     中央屋根が一段高くなっているタイプで扉が三つ有りお札を3枚お祀りすることができます。
     ●通し屋根三社   
     屋根が真っ直ぐなタイプで扉が三つ有りお札を3枚お祀りすることができます。
     ●一社造り 
     扉が一つのタイプです。
     ●箱宮
     四角い箱の中に神社が収まっているのでホコリが入りにくい神棚です。
     ●モダン神棚
     生活様式にあわせて選べるタイプです。
 
     すでに御札をお持ちの場合は、御札がきちんと納まるものを選ぶことが大切です。


Q  初めて神棚をお祀りするのですが最低必用な神具は何ですか?

A  神鏡(1個)・榊立(1対)・瓶子(1対)・水玉(1個)・皿(2枚)


Q  お供え物は毎日取り替えなければいけないでしょうか?

A  朝にお供えをし、夕方には下げるよう心掛けましょう。
     朝、水・塩・米をお供えします。
     お酒は1日と15日に差し上げます。
     榊は、毎月1日、15日に新しいものと替えるのが一般的です。
     それよりも早く枯れてきた場合は、なるべく早く新しい榊と取り替えましょう。


Q  神棚をおまいりする作法はどうするのですか?

A  神社におまいりする時の作法と同じで二拝二拍手一拝が基本です。
    2回お辞儀をして2回拍手を打ち1回お辞儀をします。


Q  神棚の上に「空」「雲」などの文字を貼る意味はなんですか?

A  二階建て以上の建物の場合やマンション等の集合住宅は、上の階に人がいることがありますで「空」か「雲」の文字を神棚の上の天井に貼り「神様の上には何もないこと」を意味します。


Q  マンションなど賃貸住宅に住んでいるので設置場所がない場合はどうしたらいいでしょうか?

A  住宅事情などで設置する条件が難しい場合は、家族が気持ちよくお祀りできる場所ならそれでいいと思います。 清潔な部屋であれは問題ありません。上の階がある場合は、「空」か「雲」の文字を神棚の上の天井に貼りましょう。

 
Q お神札(お札)を取り替える時期はいつですか?

A  一年で替えるのが一般的です。年末に新しい御札をいただき、新年になると古い御札神社に納めお焚き上げしていただきます。


Q  古い神棚の処分はどうすればいいですか?

A  神棚の処分方法には大きく「祈祷」「お札返納」「お焚き上げ」という3つの方法があります。
    1.神社でご祈祷してもらう
    2.神社にお札をお返しする
    3.お炊き上げをしてもらう

神社によっては、「特に何もせずに廃棄しても問題ない」と解釈している神社もあるので、一度神社にご相談をするのが良いと思います。


Q  お稲荷さんはどうやって祀るのでしょうか?

A  お稲荷様は伊勢神宮や氏神様と一緒の神棚にお祀りはしてはいけません。
     別々の神棚を用意してお祀りします。
 



神棚ご購入はこちらから

神棚のみバナー_1
 神棚神具付きバナー_1